Linux

【curlコマンド】ターミナルでこっそり天気を確認する方法

clouds

仕事中に、ふと天気を確認したくなる瞬間ってありませんか?
例えば、
・明日、外で打ち合わせがある人
・来週、海外への出張がある人
・ビルド待ちで暇な人
などなど。

でも仕事中だと、ブラウザで天気予報サイトを見れない状況ってありますよね。

そんな時はwttr.inで確認しましょう!
ターミナルがあればすぐに天気を調べることができますよ。

wttr.inで天気を調べる方法

現在地の天気が知りたい場合

$ curl wttr.in

この場合、PCのIPアドレスに基づいて現在地点の天気が表示されます。

任意の国や都市の天気が知りたい場合

$ curl wttr.in/London
curl wttr.in/Londonの実行結果画像

日本国内の市区町村についても確認できます。

$ curl wttr.in/sapporo
$ curl wttr.in/chiyoda

空港の天気が知りたい場合

3文字の空港コードがあれば確認できますよ。
空港コードはこちらのサイト様で調べると便利です。
例えば、羽田空港の天気を調べる場合はこうです。

$ curl wttr.in/hnd
url wttr.in/hndの実行結果画像

ロサンゼルスの場合はこうなりますね。

$ curl wttr.in/lax

駅やランドマーク、山など特定の場所の天気が知りたい場合

山や湖の場合は「~」の後ろに続けて検索条件を指定しましょう。

$ curl wttr.in/~Fuji
curl wttr.in/~Fujiの実行結果画像
$ curl wttr.in/~biwa

駅やランドマークの場合は「~」と「+」を組み合わせて指定すればOKです。

$ curl wttr.in/~Tokyo+Tower
$ curl wttr.in/~Sapporo+Station

GitHubの天気が知りたい(?)場合(IPアドレスやドメインで指定する場合)

$ curl wttr.in/@github.com
curl wttr.in/@github.comの実行結果画像

どこで使うのでしょうか?

そんなことよりヘルプがみたい

$ curl wttr.in/:help

エリアコードやGPS情報でも地点を指定できるようですね。

天気よりも月の見え方を調べたい

月の見え方についても確認することができますよ。

現在地の月の見え方が知りたい場合

$ curl wttr.in/Moon
curl wttr.in/Moonの実行結果画像

ある特定の日の月の見え方が知りたい場合

例えば、1年前(2018年1月4日)の月の見え方を調べたい場合はこんな感じです。

$ curl wttr.in/Moon@2018-01-04
curl wttr.in/Moon@2018-01-04の実行結果画像

終わりに

これで天気の確認が捗りますね!
月の見え方が確認できるのも楽しいですね。見た目も綺麗ですし。
以上です。それでは。