Vim

【簡単】Vimで全選択する方法

キーコマンド

皆さんはVimを使いますか?
ターミナル上から簡単に起動することができますし、コマンド操作だけですべてが簡潔するので、愛用している方も多いのではないでしょうか?

私もサーバーサイドの開発に関わることが多いので、コマンドだけで操作できるVimは使用頻度が高いです。
慣れてくるとキーボードから手を離さなくて済むので、とても楽ですよね。

そんな便利なVimですが、ファイルの中身のコードを全選択する方法はご存知ですか?
私はこの方法を知ってから、作業のスピードが結構上がりました。

今回はそんなVimで全選択する方法をご紹介します。

Vimでファイルの中身を全選択する方法

早速ですが、以下の手順でファイルの中身の全選択が可能です。

  1. vi {ファイル名}でファイルを開く
  2. 「gg」でファイルの先頭にいく
  3. vを押してvisualモードにする
  4. 「shift」 +「 g」 でファイルの最後尾にいく

これだけです。簡単ですね。

これでファイルの中身のコードが全選択された状態になるので、あとは削除するなり、コピーするなり、お好きなように編集ができます。

ちなみに、visualモード中に「y」を押すと、選択されている部分がコピーされます。
今回の全選択方法と組み合わせることで、簡単にファイルの中身すべてをコピーすることができるのです。

また、「y」の代わりに「d」を押すと、選択されている部分が削除されます。

ちなみに、visualモード中に「shift」+「>」を入力することで、選択範囲のインデントもできます。
全選択した状態で入力すれば、ファイルの中身全体をインデントできますよ。

終わりに

今回は、Vimでファイルの中身を全選択する方法をご紹介しました。
ちょっとしたテクニックですが、知っているのとしないのとでは、最終的な作業効率にかなりの差がでると思います。

これで快適なVimライフを送ってください。

もっと効率アップを目指したいという方には、以下の書籍がおすすめですよ。

今回はここまで。それでは。