JavaScript

【AugularJS】dateフィルターの出力結果一覧

angularjs

AngularJSにはフィルターがあります。
指定した値を、設定したフォーマットに合わせて整形してくれるものです。

その中にdateフィルターがあります。
日付を扱う際にはUnixtimeを用いることが多いと思いますが、その場合でも適切な形に直して出力してくれるので、便利ですよね。

結構前になってしまうのですが、AngularJSを触った際にdateフィルターの出力結果について色々と確認してみたことがあります。
その際のメモが残っていたので、記事としてまとめてみようと思います。

そんなわけで、今回はAngularJSのdateフィルターのフォーマット結果についてご紹介しますね。

dateフィルターごとの出力結果

今回は以下のようなdateフィルターを用意したと仮定します。

{{ 1554182109000 | date : ‘hogefuga’}}

「hogefuga」の箇所に指定するフォーマットとその出力結果を以下にまとめました。

フィルターフォーマット出力結果
yyyy年MM月dd日HH時mm分ss秒sssミリ秒2019年04月02日14時15分09秒000ミリ秒
yyyy/yy/y2019/19/2019
MMMM/MMM/MM/M/LLLLApril/Apr/04/4/April
dd/d02/2
EEE/EEETuesday/Tue
HH/H/hh/h14/14/02/2
mm/m15/15
ss/s09/9
sss000
a/Z/ww/wPM/+0900/14/14
G/GG/GGG/GGGGAD/AD/AD/Anno Domini
mediumApr 2, 2019 2:15:09 PM
short4/2/19 2:15 PM
fullDateMonday, April 2, 2019
longDateApril 2, 2019
mediumDateApr 2, 2019
shortDate4/2/19
mediumTime2:15:09 PM
shortTime2:15 PM

終わりに

今回はAngularJSのdateフィルターの出力結果についてご紹介しました。

フィルターの使い方を覚えておくと、いざというときに役立ちそうですね。

今回はここまでです。それでは。