JavaScript

Node.jsをインストールしてみる!

Node.js

こんにちは!chrysealmです。

本日は、Node.jsで遊んでみたいと思います!
ちなみに、Mac(OS X EL Capitan 10.11.6)を使用しています。

Node.jsとは?

Node.jsとはサーバーサイドで動くJavaScriptです。
非同期処理を行うため、webページで不要な待ち時間が発生することなく、ページの表示を行うことができます。

また、ライブラリの1つであるSocket.ioがとても便利です。
これはリアルタイムな双方向通信を可能にするもので、チャットサービスやオンラインゲームなどでよく利用されています。

Node.jsのインストール準備

今回はバージョンの管理を容易にするため、nodebrewを使用します。
nodebrewは、Node.jsのバージョンをローカルで管理することができるツールです。

まずはnodebrewをインストールします。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

次に環境変数にパスを追加します。

$ export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

追加したら環境変数を読み込み直しましょう。

$ source ~/.bashrc

環境変数は以下のコマンドで確認できます。

$ echo $PATH

nodebrewが使用できるか確認してください。

$ nodebrew help

Node.jsのインストール

それではnode.jsをインストールしてみましょう!

まずは、インストール可能なバージョンを確認します。

$ nodebrew ls-remote

Node.jsのバージョン一覧は表示されましたか?
すごい数で、どれをインストールすべきか悩んでしまいますよね(笑)

今回は、現時点で推奨版となっているv6.10.3をインストールしてみます。

$ nodebrew install-binary v6.10.3

これでインストールは終わりです。
簡単ですね!

では、インストールされたバージョンを確認しましょう。

$ nodebrew ls v6.10.3 current: none

上段の表示がインストールされているバージョンの一覧です。
今はv6.10.3だけですね。

下段は現在設定されているバージョンになります。

今は何も設定されていないということなので、こちらの設定を行います。
と言っても設定は一瞬で終わります。

$ nodebrew use v6.10.3

なんということでしょう!
これで設定は完了です。
nodebrew様ありがとうございます!

バージョンの確認は下記コマンドで行います。

$ node -v

これで準備は整いました!

Node.jsを動かしてみる

それでは最後にNode.jsを動かしてみましょう。

まずは簡単なファイルをカレントディレクトリに作成しましょう。
動作を確認するだけなので、実行されたら「Node start!!」と出力するようにします。

任意の名前でファイルを作成し、拡張子をjsとして保存してください。
作成したファイルには下記一文を追記してください。

// ログを吐き出す
console.log('Node start!!');

ちなみに、私はnode_test.jsというファイルにしました。

無事にファイルを作成したら、次のコマンドを打ってください。

$ node {作成したファイル名}

以下のように出力されたら成功です。

Node start!!

おわりに

今回はnodebrewでNode.jsをインストールし、ログを出力してみました。
皆様が思っていたよりも、かなりお手軽にインストールすることができたのではないでしょうか。

それでは、本日はここまで。
お読みいただきありがとうございました!