Android

【初心者向け】apkを実機にインストールする方法

android-app

Androidのテストを行う際には、apkファイルを実機にインストールする必要があります。
開発中のため、PlayStoreからダウンロードすることができないからです。

ただ、未経験でエンジニアになった方などは、apkファイルを渡されても、そこからどうやってインストールしたらいいのかわからないのではないでしょうか?

私も最初の案件でapkファイルを扱った際に、どうやって実機にインストールしたらいいのか調べた記憶があります。

今回はapkファイルのインストール方法についてご紹介しますね。

apkファイルを上書きインストールしたい場合はこちらの記事が参考になると思います。

apkファイルをインストールする手順

まずは、インストールの前に以下の事前準備をしておきましょう。

  • 実機とPCをUSBケーブルで接続する
  • apkファイルをローカル(作業中のPC)に保存する
  • adbコマンドを利用可能にしておく

次に、Macの方はターミナルを、Windowsの方はコマンドプロンプトを開いてください。

ターミナル等を開いたら、cdコマンドで先ほどダウンロードしたapkファイルの場所まで移動します。

cd /hoge/fuga/sample.apk

慣れてきたらファイルまでのパスを指定して作業ができるようになりますが、慣れるまではapkファイルと同じ場所で作業をしたほうが良いでしょう。

ここでadbコマンドを使用してインストールします。

adb install sample.apk

ターミナルやコマンドプロンプトに「SUCCESS」と表示されれば成功です。

失敗した場合は、PCと実機がUSB接続されているか、実機側でUSB接続が許可されているか、などを確認してください。

複数の端末を繋いでいる場合のインストール方法

複数の実機やAndroidStudioのエミュレータを起動している場合、「adb install ~」ではうまくインストールすることができません。

先ほどのコマンドだけでは、adb側でどの端末にインストールしたら良いのかわからないからです。

その場合はオプションでインストール先を指定してあげればOKです。

以下に複数のパターンを用意したので、ご自身で当てはまるものを選んで利用してみてください。

  • 1台だけある実機にインストールする場合
adb -d install sample.apk

「-d」はdeviceのdです。
この場合は1台ある実機にインストールされます。

  • 1台だけ起動しているエミュレータにインストールする場合
adb -e install sample.apk

「-e」はemulatorのeだと思います。
この場合、1台だけあるエミュレータにインストールされます。

  • インストールする端末を指定する場合
adb devices

これで以下のような形で、PCに接続されている端末の識別名が表示されます。

List of devices attached
emulator-3156  device
emulator-3288  device

これでapkファイルをインストールする端末の識別名を確認しましょう。

adb -s {端末の識別名} install sample.apk

「-s」はselectのsと覚えれば良いでしょう。

これでお好きな端末にインストールできますよ。

参考:Android Debug Bridge

終わりに

今回はapkファイルのインストール方法についてご紹介しました。
何度か繰り返していくうちに慣れていくと思いますので、まずは実践あるのみです。
色々試してみてくださいね。

今回はここまでです。それでは。